んgろぐ
   

JJI

管理人:JJI

□ メンバーリスト
□ 掲示板
□ 旧サイト

ちったー:JJIkom

内容別に記事を読む

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
(--/--/--(--) --:--)

 ダウンロード販売ゲーのすすめ
最近というか割と前からなんだが、DL販売のゲームが面白いものが多い。そういうの買ったこと無いという人もいるだろうから魅力を色々とまとめてみる。


DL販売ゲーの魅力

・基本安い
500円~2000円ぐらいが大体の相場。ベスト版よりさらに下の価格帯

・衝動買いしやすい
買いに行く必要がない。真夜中でも思いついたその時に買える。まぁポイントを前もって買っておく必要はあるが

・売り切れがない
意外に重要で、新作パッケージゲームを買いに行って買えなかった時のテンションの下がりようは半端なかったりするし、旧作は中古しかない、中古にも売ってないことはよくある

・値段が一定
上記に付随して。値下げもないので善し悪しな面はあるが、どこの店が安いかとか、値崩れを様子見したりする必要が無く、いつ買っても同じ

・ディスクレス
DLしたらあとはメニューから選ぶだけ。ディスク入れ替えの手間が無く気軽に遊べる


とりあえずDLゲーならではの利点というとこんなところか。
で、これは他でもよく言われてることだが、「販売形態はゲーム性に直結する」

・1プレイ毎に1コイン入れて貰うアーケードゲーム
・1つのゲームを1つの作品としてまとめて売るパッケージ販売ゲーム
・プレイ権を1月単位で購入するオンラインゲーム
・基本無料だがより楽しむために金を払うアイテム課金ゲーム
・同人販売ゲーム
・宣伝目的のフリーゲーム
・完全趣味のフリーゲーム

こういった配布形式でゲームデザインの傾向は全て違ってくる。(もちろん移植もあるし、主流を外した作品もあり、曖昧ではあるが)
理由としては単純で、儲けないと駄目なわけだから、その販売形態でもっともお金を落として貰いやすい内容にするかっていう順序で考えるのが普通で、そうすると適切なゲームデザインの傾向はどうしても差が出る。フリーゲームの場合はそういう枷が無いのが1つの傾向になるし、儲けないということは逆にそこまで予算を使えないということでもあるので、そこで1つの枷が出来るとも言える。

で、DLゲーの場合は1つの作品を丸々売るわけだからパッケージ販売に近いように思えるが、上記の魅力で語った要素を考えると、実は適切なゲームデザインはアーケードゲームに近い。衝動買いで遊んでくれた人の口コミを通じてロングランで売っていくことになるんで、パッケージより気軽に買える形態でありつつ、ゲーム内容以外のデコレートで騙すことが難しく、ゲーム内容はよりシビアに求められる所がある。

こういう理由からか、DLゲーは

・純粋なゲームが多い

という傾向にあり、それが1つの魅力になっている。基本低価格な商売なんで、制作も低予算で小粒に作らざるを得ないというネガティブな要因もあるが、逆に実験的なゲームも作りやすい環境とも言え、パッケージじゃまず作れないようなゲームも多い。



少し売る側の都合で書き連ねたが、逆に遊ぶ側として
「こんなゲームはパッケージよりDLで買いたい、遊びたい」というケース

・実験的な1アイデアもの
低価格、衝動買いしやすいという要素から。「珍道中ポールの大冒険」や、「Braid」はパッケージで販売されてても手に取ることは無かっただろう

・1プレイが短いもの
低価格と、ディスクレスという要素が大きい。1日1プレイといった遊び方だと、ディスク入れ替えの手間が無いのは心理的に非常に大きい要素。この辺がアーケードゲームに向いてると思う

アーケードゲームの移植や、特にシューティングなんかは全部パッケージよりDL販売のほうがいいんじゃないかなぁと思ったり。


やはりパッケージゲームは「所有する満足感」というのも大きな1要素なわけで、そう考えるとパッケージメインのコンシューマゲームが重厚長大になっていくのはある意味仕方なかったんじゃないかなあと思う。軽いゲームの需要は絶対無くなってないと思うけど、同じ土俵で同じ価格帯で売るのはやはり厳しいモノがあった。そういうとこでDL販売という新しい売り方が出たのは喜ばしいことなんじゃないだろうか。
軽いゲームとは書いたが、DLゲーでパッケージ並のボリュームがあるゲームもあるにはあるし、そういうゲームと出会ったりすると、それはそれでテンション上がって嬉しくなる。

でもとりあえず「やっぱりパッケージで持っときたいし」って理由でDLゲーに手を出してない人(自分も昔はそう思ってた)は、1度買ってみるべき。意外なぐらい気にならなくなって杞憂だったと気づくはず。パッケージじゃないからこそ遊びやすいっていう逆の発想もわかると思う。

というわけで、あまり手を出して無い方、1ついかがでしょうか。



■具体的なDLゲーのススメ

360の「XBoxLiveArcade」、Wiiの「Wiiウェア」をとりあえずメインで。VC等エミュものは今回無しの方向で。PS3も持っていないので今回は無し。みんなでスペランカーとセビウスリザレクションは気になってる。


■XBLA
キャッスルクラッシャーズ(超定番のベルトスクロールアクション)
Braid(これもお勧めの時間パズル レビュー
エイリアンホミニッド(キャックラスタッフの前作。メタスラ系で基本的な部分にちょい難あるがステージ展開が飽きない)
クリスタルディフェンダーズ(携帯ゲーの移植。バランスは良好でパズル好き、TD好きならハマれる)
R-TYPEディメンジョン(名作横シューの3Dリメイク。オリジナルモードも)

まだ買ってないけど気になってるもの
ディッシュウォッシャー:デッドサムライ(昨日から販売開始。かなり激しい2Dアクション)
パズルクエスト(戦闘がパズルのRPG。実はめちゃボリューム有りで来週辺り続編も)
オメガファイブ(国産でXBLAオリジナルシューティング)

動画は海外版が多いが上記は全部ローカライズされてる。XBLAは全タイトル体験版があるんでとりあえず1プレイやってみるのをお勧め


■Wiiウェア
珍道中ポールの大冒険(ツッコミ系アクション。見吉Pは今後もこの方向で)
グラディウスリバース(グラディウス好きなら外さない レビュー
ロックマン9(説明いらずの定番)

まだ買ってないけど気になってるもの
マッドセクタ(ハドソンのFPS。かなり出来が良いらしい)
きみとぼくと立体(飯野賢治の新作。アナログ感漂うパズル)
ソーサリーブレイド(Wiiウェア唯一のRPG。結構しっかり遊べるらしい)
シュータント(わりと馬鹿っぽいアクションシューティング)
小さな王国と約束の国FFCC(ずっとやりたいと思いつつまだ買ってない)

Wiiウェアは体験版が無いのが難だが、じわじわと良作も増えてきた


関連 パッケージ版のみがゲームにあらず!XBLAの良作達
雑文 | コメント:4
(2009/04/02(木) 08:43)

<<田代砲 | ホーム | モグサッチェ無い奴は希望出すな>>

コメント
 
>まだ買ってないけど気になってるもの

よろしくー!(-:


| 投稿者:eno #ReOT891Y | 2009/04/02(木) 13:41 [ 編集 ]

 
え、まさか本人様なんでしょうか。
妙にテンション上がったので今からポチってくる!偽物だったら立体に投げ込む方向で
| 投稿者:JJI #3aXRcdxk | 2009/04/03(金) 02:03 [ 編集 ]

 
ほなPS3を…DLしたものだけ。
・みんなでスペランカー(価格は高めだが、みんなでプレイはかなり楽しい。)
・Flowery(癒しゲ。6軸操作。今までにない新感覚を味わえる。かなりオススメ。)
・PixelJunk Eden(これもけっこう癒しゲ。但し慣れるまでは難しい。)
・まいにちいっしょ(説明不要のPS3看板タイトル兼DLゲ。ただ最近、妙に課金コンテンツばっか増えているのは気になる。)
・PlayStationHome(ゲームじゃないけどコミュニティーツールとしては良くできてる思う。)
| 投稿者:イサ #mQop/nM. | 2009/04/03(金) 09:42 [ 編集 ]

 
PixelJunk Edenはタイトル自体が初耳だった。
やっぱりこういうのって予算的な問題からか殆ど宣伝されないから、自分から探しに行く人でないと存在すら知られないタイトルが多いってのが1つの障壁になってるんかも

1つビッグタイトル出ると他に無いかな?って感じで探し出すことになるんだが。Wiiウェアもロックマン出るまで全くチェックしてなかったのを思い出した
| 投稿者:JJI #3aXRcdxk | 2009/04/03(金) 12:30 [ 編集 ]







コメントの投稿


copyright © 2005 んgろぐ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。